NHK山口百恵「伝説のラストコンサート」に感動の嵐!「本当に神々しい!圧倒的なオーラ・存在感」「最後にマイクをステージに置くカッコよさ!こんな歌手、もう二度と出ない」 (2021年1月31日)

』の審査委員長を務めていたが、同番組出身である百恵には作品を一切提供していなかった。 2人が小学校に在学中だった1994年、テレビドラマ『』(TBS)について「内容が事実と異なり、保護者に対する誤解を与えるため、内容の訂正と『お受験』という言葉の使用中止を求める」という趣旨の嘆願書が、小学校受験を行った保護者たちからTBSに送られた際には署名者の1人となっている。

この出来事は翌週の週刊誌各紙に掲載された。

【特報!】山口百恵、最後のコンサートが 1月30日(土)15時35分~ NHK 総合テレビで 一度きりの再放送! 『伝説のコンサート“山口百恵 1980.10.5 日本武道館』! 1980年10月5日に 日本武道館で行われた引退コンサートを忠実に記録! 映像はレストアされたリマスター版! 必見の143分!

たった2時間と少しの映像だったにもかかわらず、圧倒的な歌唱力と存在感に目が離せなくなりもっと見ていたいと思いました」 「いや~、すごいものを見せてもらった。 川瀬泰雄『プレイバック 制作ディレクター回想記〜音楽「山口百恵」全軌跡〜』、2011年2月25日初版/ 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 色あせないヒット曲の数々には、いま多くの若い世代が新鮮な感動とともに触れているという。

11
宇崎夫妻が手掛けた作品は大ヒットの連続で、百恵の世界を決定的に形作った。

山口百恵さん最後のコンサートがNHKで一度限りの再放送 全国全世代の視聴者が「百恵伝説」を― スポニチ Sponichi Annex 芸能

4 THE MOVIE -映画・TV主題歌:名場面集- 1983年5月21日 82 25KH-1314 25 百恵メモリアル VOL. 山口百恵 1980年10月5日、日本武道館で行われた伝説の引退コンサートから40年。 現役時代にはホリプロとの確執があり、『蒼い時』でも意見の相違により社長の堀威夫と衝突があったと振り返っている。

圧倒的なオーラ・存在感と透明感。 ホリプロが東京都に建てた自社ビルは、百恵の成功によるところが大きいことから「百恵ビル」と呼ばれることもある。

NHK山口百恵「伝説のラストコンサート」に感動の嵐!「本当に神々しい!圧倒的なオーラ・存在感」「最後にマイクをステージに置くカッコよさ!こんな歌手、もう二度と出ない」: J

今と違って有線マイクにイヤモニも多分なかったと思われるのにフルオーケストラの前で1人でこのパフォーマンスは凄すぎる また、今様な感じな字幕だらけの放送にしなかったのもよくて浸ってしまいました — バレ masamuneblue 歌が上手い 昔の歌手が歌唱力があるというのはわかっていましたが、山口百恵は本当に歌が上手い。 ラストコンサートを見た人からも称賛の声が多い. 同番組への応募のきっかけは、同い年のがテレビで活躍しているのを見て「自分も森昌子さんのようになりたい」と思ったことだった。

4万枚 、「秋桜」 77年 46万枚 、「プレイバックPart2」 78年 50. 締めくくりという大役ゆえに、生みの苦しみもあったのかと思いきや「それはまったくありませんでした。 永遠のスターです!思い出をありがとう!」 「録画で鑑賞したが、前半『愛の嵐』あたりで、凄すぎの歌唱力に圧倒され、一時休憩中(笑)。

NHK山口百恵「伝説のラストコンサート」に感動の嵐!「本当に神々しい!圧倒的なオーラ・存在感」「最後にマイクをステージに置くカッコよさ!こんな歌手、もう二度と出ない」: J

往年のファンは言う。 マイクをステージの中央に置き、ステージ上段へと歩き去ってゆくラストシーンは、伝説として語り継がれている。 「素晴らしい、凄い!最後はとうとう男泣き、自分でも驚くほど感動しました」 「本当に神々しい。

15
最後の引退記念作品『』もやはり日活製作であり、東宝からカメラマンのら数名のスタッフを連れて20年ぶりに日活撮影所に乗り込んだ監督は、馴染みの薄いスタッフを粘りに粘って叱咤し引退作を撮りあげた。

NHK『伝説のコンサート“山口百恵 1980.10.5 日本武道館”』放送決定 最後の公演が40年ぶりによみがえる

大映ドラマ「赤いシリーズ」が大人気で三浦友和と共演する• この振れ幅の大きさが、そのまま歌手、山口百恵の器の大きさを表している。

『日本映画史110年』(. なお、放送は当時のコンサート収録素材を元に、最新技術でリマスターした映像でお届け。 最後振り返った時、笑顔じゃなく、手を振ったりしないのがカッコ良すぎた。

山口百恵さんが激怒した…引退コンサート直前に起きた「事件」

外部リンク [ ]• 占拠率(シェア)も21・9%を記録した。 4万枚 06SH-90 16 1977年1月21日 4 24. 引退からこれまで、いまだ一度たりとも歌手として公に活動を再開したことがない百恵さん本人の文字通り「最後の歌声」。 ですから当初、デビュー当時の曲はまったく入っていませんでした。

20
それまでほとんど使われなかった「お受験」の語は、このドラマがきっかけでになった。

山口百恵

2020年10月4日閲覧。 9万枚 SOLB-229 9 1975年6月10日 4 32. 往年のファンだけでなく、ネット世代の若者にも支持されたことが証明された。

高い人気を集め、シリーズは6年にも及び、百恵のレギュラー出演作品は『赤い絆』引退記念作品の『赤い死線』まで6作品にもなった人気ドラマとなる。