「バズる」の意味と語源と使い方を超わかりやすく解説

Buzzとは「蜂がぶんぶん飛び回る音」、転じて「一つの場所に集合し、噂話でざわざわしている」といった意味になっており、この言葉を元にした「buzutter バズッター 」というサイトがこの「バズる」という言葉を広めたきっかけになったのではないかとされています。

14
「バズる」の基準 個人的な主観で判断されるものなので、明確な基準がある訳ではありません。 たしかに「buzztter(バズッター)」と「バズった」は発音も似ていますし、ありえる話かもしれません。

英語の単語「buzz」の意味・用法と慣用表現

二つ目の「炎上する」を使った分かりやすい例としては、「不適切な発言をした芸能人がネットで炎上する」「車が突然炎上したので避難しました」「SNSは炎上することが多いので発言に気を付けよう」「彼がブログに書いた差別的コメントが炎上しました」などがあります。

13
(3)面白ネタがある 面白いことはついつい人に共有したくなるもの。 「こんなことができるなんて知らなかった」という内容に触れれば、自ずと誰かに教えてあげたくなるもの。

「バズる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「バズる」と「炎上する」の使い分け方 「バズる」と「炎上する」はどちらもネット用語です。 何となくのニュアンスで理解するのではなく調べてみるといろんな発見が見つかります。

14
(3)「バイラルマーケティング」との違い バズマーケティングと似た存在としてよく挙げられるのが「バイラルマーケティング」です。

「バズる」とは?意味や使い方を教えます!肯定意見が多いときと否定意見が多いときがある

「バズマーケティング」について詳しく見ていきましょう。

14
バズマーケティングと似たマーケティングとして インフルエンサーマーケティング インフルエンサーにトレンドとして商品を紹介してもらうことにより、インフルエンサーのフォロワーにバズらせ、売り上げを向上させるという方法もよくあります。 ネット上で宣伝活動をしている担当者にとっては、自社の商品やサービスを意図的に「バズらせる」ことが業務の目的であり、「バズった」ら成功、という訳ですね。

バズるとはどんな意味?知らないと恥ずかしい「バズる」についての基礎知識

はてブでバズが起こりやすい記事の特徴は、以下の記事の解説が詳しい。 出典:デジタル大辞泉(小学館) 主にSNSをはじめとしたインターネット上で話題になり、多くの人から注目を集めることを指します。

20
また、誤用が広まり、誤った意味が定着することも多々あります。

ネット用語「バズる」の意味と使い方をわかりやすく解説

(5)他の人がやっていないことを取り上げる バズる最大のポイントといえば、ツイートや動画の内容が他の人と被っていないことです。

15
例えば下のツイートは4万回以上シェアされており、バズったツイート といえるでしょう。