「ご足労」の意味は? 正しい使い方と言い換え表現|「マイナビウーマン」

「ご足労おかけしますが」や「お手数おかけしますが」「恐れ入りますが」など定番の敬語表現やクッション言葉を正しく使えると、社会人として信用されます。

基本形となるのが「この度は弊社にご足労いただきまして恐縮です」という表現です。

目上の人に使ってもOK?【ご足労おかけしますが】の使い方

実際に相手と会った後のやり取りなので、より相手に気持ちが伝わるようなメール文を考えると良いでしょう。

6
また後日「先日はご足労をおかけし、ありがとうございました」のように過去形で使うのも構いません。

【ご足労】と【お手数】の意味の違いと使い方の例文

また、打ち合わせやミーティング後にお礼のメールを送る際や、再度打合せの日程を調整する際にも使うことができます。 本来であれば自分から足を運ぶのがマナーであるにもかかわらず、相手がわざわざ来てくれたことに感謝の意を表すこと、それが「ご足労」ということなのです。

5
この記事の目次• その際に、文末に一言「ご足労をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます」と付け加えておくと、より相手には丁寧な印象として伝わるでしょう。 その言葉の意味も、自分たちに手間を取らせたことに対する悪態ですので、「足労」が持つ本来の意味の「行く」「歩く」とは異なる意味合いとして言葉が用いられています。

「ご足労おかけしますが」の正しい敬語の使い方や意味を紹介!

基本的には、相手に来てもらった事実への感謝を表す言葉として使用している場合が多いのです。

3
感謝の気持ちを大きく表現するために、実際にはさほど遠方でない場合でも使うことができます。

「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】 2ページ目

電話で挨拶代わりにそう伝えても良いですし、メールで文頭に添えても良いでしょう。 相手に来てほしい時は、下記の例文のように頼みます。

「ご足労おかけしますが」は、相手が来ることを承知して確定した後で使うのが原則です。 」と相手に対して用いる言葉です。

「ご足労おかけします」という表現の正しい意味や使い方

尊敬語は相手と相手側の行為・動作・態度・状況を表します。 「本来は自分のほうから出向かなければならないところ、わざわざお越しいただいてすみません」というニュアンスが込められています。 「こちらからご挨拶するべきところ」と前置きすることで、より恐縮している雰囲気が伝わります。

「ご足労おかけします」は、先方がわざわざ自分のところへ訪れてくれる時に使える言葉です。

【ご足労】と【お手数】の意味の違いと使い方の例文

・「伝える」を意味する「Tell」:「ご教示願います」 ・「教える」を意味する「Teach」:「ご教授願います」 と覚えておくと使い分けがしやすいはずです。 尊敬語ですから、相手に対する尊敬の気持ちや配慮を表現しています。

15
新入社員はもちろん、ビジネスパーソンはいろいろなビジネスシーンを想定して、シーン別に適切に使えるように練習しておきます。 そのため、いまいち用法が分からないという人もいるでしょうから、ぜひこの機会に例文を参考にして、正しい用法を理解しておきましょう。

「ご足労」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

来社してもらわなければならない、先方が納得できる理由を添えて、こちらの要望を伝えましょう。

基本的に「ご足労いただき」は、足を運んでもらった後に感謝の気持ちを伝える時に使います。

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

つまりこの2つの言葉が使われている「ご足労いただき」は、「わざわざ足を運んでくださり」というニュアンスの言葉なのです。

【年賀状】 先日はお忙しい中、私共の披露宴まで ご足労いただき、誠にありがとうございました。 具体的には、相手と上限関係、師弟関係がある場合。