ヒメハマナデシコ

英名はありません。 茎は無毛で太く、下部は木質化して数本が株立ちになって斜上、上部で直立し高さ20-50cmになる。 花つきがとてもよいので単植や郡植しても見栄えがします。

10
実生は3月頃に播き、茎ざしは6月が適期です。

ハマナデシコ

It is a perennial herb that is native to Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan, as well as eastern Asia, This herb grows in coastal cliffs or sand beaches and can reach 20-60 cm in height. 耐寒性・耐暑性 耐寒性 強い 耐暑性 比較的強い 耐寒性、耐暑性があります。 高温多湿に弱いので、鉢植えは梅雨~夏の間は雨の当たらない半日陰に移動した方がよいでしょう• F1:種間交配の一世代目のもの。

常緑多年草。

hamanade

ハマナシ. ヒメハマナデシコの花期は、6~10月と言われています。

薄い紅色が素晴らしく、中心付近の模様がとても印象的です。 [分布] 本州~沖縄 [科名] [花色] [花期] ・・・ [特徴] 海岸に生える多年草。

ハマナデシコ|素人植物図鑑

本州~四国、九州、沖縄の海岸の砂地に自生します。 hamanade ハマナデシコ(浜撫子) Dianthus japonicus• 【ハマナデシコの概要】 草丈 40~60㎝ほどです。 鉢植えの用土 市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

20
[中5] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。 ハマナデシコはやや異質な姿ながら、強健で安定して多年草として使えます コメント• 茎葉の葉身は長卵形~長楕円状披針形、長さ4~8cm、幅1~2.5cm、鈍頭~円頭、基部は茎を抱く。

ヒメハマナデシコ

海岸の岩場や礫地、草地に生える越年草または多年草。 ただし鉢植えは乾燥させすぎないように注意します。 葉は対生し、根出葉の葉身は長卵形倒披針形~楕円形、長さ5~9cm、幅1~2cm、鈍頭~鋭頭、基部は茎を抱く。

4
フジナデシコというのは、花色がフジの花色に似ているところからきています。 病気・害虫 特にはありませんが、暑くなってくると枯れる株がでてきます。

hamanade

葉が厚くてツヤがあります。 原産地日本、中国• 育苗箱に播き、覆土は2~3mmにします。

18
茎の先に集散花序をつけ、直径1. 花期は7~9月頃です。