JRA福永祐一「G1を勝てる」シンザン記念(G3)完勝ピクシーナイトを絶賛! ファンが唸った「神騎乗」の裏にインディチャンプを大成させたチーム力

そして土曜の3鞍は5Rが2着(4番人気)、10Rが1着(2番人気)。 重賞即通用は難しい注文と言えそうだ。 そして土曜の3鞍は5Rが2着(4番人気)、10Rが1着(2番人気)。

4
CBC賞(小倉11R)は福永のピクシーナイトで勝負だ。

ピクシーナイト

そのためかトモの膨らみが若干物足りないが、これは週末と最終追い切りで、ある程度はパンとしてきそうだ。 3歳牝馬はハンデも軽く、斤量差を生かすことができれば九州産馬として歴史的な快挙がありそう。 メモを取る必要が無くお客様は前日に送られるFAX1枚を受け取るだけと大変便利です。

15
クラスの壁があるのか?という声もありそう。

2021年01月10日 シンザン記念 G3

人気は朝の時点で単勝11番人気となっています。 「パドックを周回する姿を見ても、しっかりとした調整が行われ、レース経験を重ねてきたこともあるのでしょうが、更に競走馬らしくなったように見えました」 好スタートから主導権を握ったピクシーナイトは、そのまま後続勢に影を踏ませること無く、ゴールへと向かっていく。 双馬 日本もタフな馬場が増えていますし、牧場や厩舎も1年走らせて特性をつかんでいると思うので、2年目で伸びる可能性は十分ありますね。

15
レース名を検索し、本記事だけではなく、様々な競馬関連のサイト、あるいはスポーツ紙のサイトをチェックされていることでしょう。 やはり、九州産馬の代表格といえば、この【CBC賞】にも出走するヨカヨカだろう。

【CBC賞】3歳馬ピクシーナイト初の千二で2着 福永「開幕週の外枠で難しかった」

週末の予想にお役立てください。 ・リッケンバッカー やや強引な競馬にも映った前走だが、終わってみれば差される気配のない勝利。

11
惜しくも12Rで7着に終わり、連続馬券圏内の記録は「13」でストップしたものの、このコースを滅法得意としていることに変わりはない。 中2週の間隔で挑むため、この写真撮影の段階では1週前追い切りは行われていない。

【第4回 無料公開】2年目で爆発の予感! モーリスの凄いクセ/双馬毅の“ローテ×血統”錬金術

双馬 ルークズネストが勝ったファルコンSも全体時計は速いですけど、ラスト1Fは12秒4ですから。 外部リンク [ ]• でも、何度も言いますが、それが長所ですからね。

16
そもそも阪神芝1400mですから、中京芝1400mと似たようなコースじゃないですか。

【NHKマイルC馬体診断】ピクシーナイト(デイリースポーツ)

高いポテンシャルを尊重しつつ、初の関西圏輸送とコース替わりで中心視するには躊躇してしまう。 いや、むしろ控える形の方が持ち味が生きるイメージすらある。 確かに、今回は一気の2F短縮となるだけに、近3戦のように逃げることはできないだろう。

渋った馬場の適性も申し分なく、ここは巻き返しを警戒したい。 開幕週で先行力が生きるビオグラフィー、堅実なメイショウチタンを押さえる。

JRA福永祐一「G1を勝てる」シンザン記念(G3)完勝ピクシーナイトを絶賛! ファンが唸った「神騎乗」の裏にインディチャンプを大成させたチーム力

・サトノラムセス 前走のラスト3Fは11秒3-11秒6-12秒4。 ただ、これだけ見事にスタートが決まったのも、福永騎手が『前回、スタートの駐立が悪かったので陣営が重点的に修正してくれたおかげで、非常にいいスタートを切れた』と話していた通り、出遅れた前走から立て直した陣営の努力があってのもの。

13
・トーホウディアス 3着の前走は不良馬場の恩恵が大きかった印象。 有料コンテンツもありますが、主に後半レースの情報と買い目の提供でした。

【シンザン記念 最終予想2021】本命馬はピクシーナイト

その中でも前走の【葵ステークス】は惜しくもハナ差2着で初重賞制覇まであと一歩だった。 そのなかで結果を残している点は立派だが、今回の舞台はワンターンかつ直線の長い外回りコース。 この3頭は非常に強力ですね。

5
2~3着への期待が高い感じです。 九州産の星が2戦2勝の舞台で重賞初制覇を狙う。

JRA【CBC賞(G3)展望】22年ぶり「小倉開催」は3歳馬の一騎打ち!? 「坂路で絶好の動き」熊本生まれヨカヨカVS「距離短縮」で新味に期待ピクシーナイト!

彼女は2歳時に小倉では負けなしの3連勝!暮れの【阪神ジュベナイルF】では5着まで懸命に粘っており、今年は【フィリーズR】や【葵ステークス】で重賞2着など、これまでに例がないほど強豪の中央馬達と互角に渡り合っている。 買うメリットは全くありません。

11
メイケイエールがそうであるように、ミッキーアイルの仔はどうも危うい馬が多い印象を受ける。 2倍の人気に応え逃げ切ったが、今回はどの馬が勝ち名乗りを上げるのか。