一役買うの意味!間違えた使い方をあなたもしてませんか?

前述の「使う場面」で紹介した例文を、この観点から再分類をしました。 ・この学校は、この地域の産業発展の一翼を担う人材を輩出してくれました。 一翼を担うの類語 一翼を担うの類語・類義語としては、全体の中のある部分のことを意味する「一部」、計画に加わって協力することを意味する「片棒を担ぐ」、不足しているとこを補い助けることを意味する「補助」、ある物事について部分的に関与していることを意味する「一端を担う」などがあります。

コロナ禍で経済全体が冷え込むなか、同社はきめ細かな創意工夫により、地域のまちづくりの一役を担う。 さらに 20年11月には福岡商工会議所副会頭に就任し、地域の活性化にも貢献している。

「一翼を担う」と「一端を担う」の意味の違い!履歴書に使うのはどっちがベター?

それぞれの意味合いを理解して使用しましょう。

20
「責務」とは責任と義務を表しているのです。

【一助を担う】と【一翼を担う】の意味の違いと使い方の例文

まとめ 「一翼を担う」は、会社などの大きな組織の中において、自分が「大きな中の一つの役割を持つ」ことを意味する言葉です。

20
また、ある事に深入りする。

一役買うの意味!間違えた使い方をあなたもしてませんか?

下の関連記事では労いの言葉の意味をご紹介しています。

2
したがって、「一翼を担う」とは、欠かすことのできない大切な「役割」を受け持つことを指しています。

一役買うの意味!間違えた使い方をあなたもしてませんか?

一翼を担うの一の字を使った別の言葉としては、団体を構成する一人のことを意味する「一員」、一つの技芸のことを意味する「一芸」、一つの時代のことを意味する「一時代」、物体の一つの面のことを意味する「一面」などがあります。 「一翼を担う」は、一部の役目を担当することですが、その一部さえ自分には無理だと言っていることになります。

1
一部に関わる 一部において、ある役割を担う• 「 一端を担う」は客観的な叙述なので、履歴書などで使うときは「一翼を担う」の方がベターです。

九州トップの環境設備総合商社 地場のまちづくりの一役を担う(前):【公式】データ・マックス NETIB

ちなみに、「一翼」は「片方の翼」を表します。 当社のお客さまであれば、九州のどこの現場でも、サイン1つで当社の資材を受け取っていただけます」(忍田社長)。

5
・君は、我が社の将来の一翼を担う存在だ。

「一役買う」の意味と使い方、類語、「一翼を担う」との違い

なんとなく「一端」と言うよりも「一翼」といった方がスケールの大きい感じがしますが、この二つに大きい違いはありません。 「役」が重なってしまうので、「盛り上げるために一役買う」が正しいです。

「一役買う」には、類語はたくさんありますよ。

「一役を担う」とは?意味や使い方を解説

彼女は人の上に立つことが好きなので、いつも飲み会の幹事に一役買っている。 」があります。

日常会話でも多く使われています。 と、なると次は実際に会話の中で使えるようになりたいですよね! 次に例文と使い方をいっしょに見ていきましょう。