浮気なんかしないでよ【我妻善逸】

「蝶の檻」 沙耶さん• これは…。 「一旦退くしかないか」 善逸を抱え上げ、建物の屋根まで飛び上がる。

18
善逸の脳裏によぎる、嫌な光景。 「分かった…呼び止めて申し訳ない。

浮気なんかしないでよ【我妻善逸】

塗っても塗っても追いつかない。 そして、それから…。

4
「一般人には見えんな、かと言って軍人にも見えん。

浮気なんかしないでよ【我妻善逸】

「ちくしょう…善逸を守れねぇ…」 深層意識の真っ暗闇が、空間が歪み出していた。 街に入る前に、日輪刀とただの作り物にすり替えていたのだ。 「芝居とはいえ、やり過ぎたか…すまない」 「はは、迫真の芝居でしたよ…」 ヤバい…どうしたんだろ 体の震えが止まらない。

3
「チュン太郎、ありがとな」 「チュン!?」 善逸の異変にチュン太郎は戸惑う。

黄金の雷公

「とにかく、行くぞ。 「我妻、可愛いし」 「この任務で絶対守って、飯食い行きたいし」 「こいつは男でしょ!」 化粧師に入った職人のスイッチは、はんぱなかったようだ。

12
しかし、職人が施したようななりだな」 ぎくっと、全身が強張る。

【鬼滅の刃】君がため《短編集》

あの、「男の目」 いつもなら、どんどん頭がぼーっとしてくるのに、違う。 違った。

20
思い出したくない。 何かに干渉された。

鬼滅の刃の検索結果 フォレストページ

経理の事もあるのでな」 そういうのも考えるの? 「お前達二人は、一定の距離を保ちつつ俺と我妻の周囲の警戒及び援護、気を抜くなよ」 「はいっ!」 二人が応える。 それ以上…来るな…入って来るな…。 「なんでしょう」 紅龍はさりげなく応対した。

1
「今回ばかりは…我を押さえられねぇ…」 落ちくぼんだ目に凄まじい殺気が満ちていた。

推しキャラとイチャイチャする?《鬼滅の刃》《我妻善逸》

「鬼にすぐ男だってバレないためです!」 迷惑な話、鬼にも美食家がいる。 「…確かに、よくできている」 鞘から抜いた刀身は、見事に作り物だったのだ。

15
「非常事態だ、一旦退く。 「これは、不本意なんですよ…」 善逸は何とも言えない表情になる。

【鬼滅の刃】君がため《短編集》

YOUちゃん、こっち来て」 そういうと善逸はYOUの手を引き、人が少ない花畑に移動した。

7
あの視線…こっちを見る、男の…。 隙間を通れなければ、警官に見つからないよう慎重かつ、素早く移動した。