メインテート錠2.5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

急に中止すると、狭心発作など反発的な症状を起こすおそれがあります。 服用中の薬は、医師に伝えてください。 アルコール(お酒)については薬との影響からあまりお勧めされません。

World Health Organization 2013年10月. 水溶性という特性は薬剤が中枢に到達しないことを意味し、脂溶性の化合物に比べて中枢神経系の副作用が減少している。 (9).その他[本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、頻脈性心房細動の場合]:(0. ・心不全および不整脈で使用頻度が増えています。

今度はビソプロロール後発品3社が供給停止へ(Update)

レイノー症候群• 高齢者が使用する場合は、薬を使用後の体調の変化に十分に注意して観察してください。

3
美文字? インターネットで文字の書き方を調べると、美文字など色々出てきます。

メインテート錠2.5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ジェネリックも多くの製薬会社から製造販売されており、「カルベジロール錠+製薬会社名」で販売されています。 TOP10 Articles From Dec 2012• 情報発信の一環としてブログを始めてみました。

17
• 5.強心薬を静脈内投与する必要のある心不全患者又は血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全患者[心収縮力抑制作用により、心不全が悪化する恐れがある]。

メインテートの副作用や効果について、添付文書を参考にわかりやすく解説

10.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 服用中の薬は、医師に伝えてください。

いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。

ビソプロロールフマル酸塩錠0.625mg「JG」|日本ジェネリック株式会社

心臓の副作用として、徐脈があります。 5mg経口投与から開始し、効果が不十分な場合には1日1回5mgに増量する。 カルベジロールは、慢性心不全、持続性の高血圧・狭心症、頻脈性心房細動の治療に使われる薬の成分です。

14
狭心症以外の適用、例えば不整脈で投与する場合でも、特に高齢者においては同様の注意をする。 強心薬または血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全患者• 10.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

メインテート錠2.5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

(適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 洞房ブロック• 97)]。

15
この特性は、心臓への無用な刺激がないことを意味し、心臓を純粋に休ませるのに好都合です。 (カタカナのモは横棒から最初に書くのですが…) 次は「や」の二画目 左と右どちらか正しいとおもいますか? 正解は右ですが、自分は左で書いてました。

メインテート(ビソプロロール)の作用機序:高血圧・狭心症・不整脈治療薬

また、患者の本剤に対する反応性により、維持量は適宜増減するが、最高服用量は1日1回5mgを超えないこと。

16
• 具体的には、脈拍数が1分間に60未満になることを指します。 用量の増減は1回服用量を0. 妊婦または妊娠している可能性のある婦人• 7.過度に血圧の低い患者[血圧を更に低下させる恐れがある]。