特技の一覧を参考にしよう!就活で企業にアピールできる特技を見つける方法

ルービックキューブ• 6-5. この場合、 意識すべきなのは「その趣味によってどんな能力やスキルが得られたか」でしょう。 エントリーシートは就活生の人柄を知る「手がかり」 面接で直接顔を合わせるまで、企業の担当者が応募者について知る方法は、エントリーシートしかありません。 というのも、宗教や政治には明確な答えが存在しないため、往々にして価値観の押しつけ合いになりがちだからですね。

しかし、個々の業務の高度化・複雑化に伴って仕事の分業化が進み、特定の分野を専門にしたいというスペシャリスト志向の人を評価し、採用したいという企業も増えてきています。 ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

エントリーシートに書く趣味・特技、資格の例、書き方のポイント【プロが解説】

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。

13
きっと何かあなたの好きなことや得意なことを勝手にやってしまっているものがあるはずです。

履歴書の特技欄の書き方は?例文やアピールポイントも紹介!

ただ単純に趣味を答えるだけでは、企業との適性や仕事に対する姿勢が見えにくいです。 正直なのは良いことじゃが、「ない」と答えたら会話が終わってしまうじゃろ? 絞り出してでも何かしら回答するんじゃ。 私の指示が曖昧だと相手に隙を見せてしまい、点を取られることにも繋がるので、強い責任感を持ち、このポジションを務めています。

18
複数の特技を持っていればそれでもよい。 取り組み内容や努力したことについて、事前によく考えておきましょう。

特技の例を参考に就活でアピール!面接や履歴書で使える10選を紹介

面接官が食いつく特技の一覧 面接官が食いつく特技とは、どのような職種に応募しているかによって変わってきます。 仕事に活かせるような心が折れなかったエピソードがあるのなら、スポーツに関する特技をアピールするのがおすすめです。

14
古風なもの 書道や茶道など、昔ながらの古風な特技がある場合は「育ちがよさそう」という印象を持ってもらいやすくなります。

【例文6選】自己PRで「趣味/特技」魅力的に伝える方法

特定の領域を担当することになったときに、「面白い!」と思って深く追究し、熱中することができる「オタク性」は、仕事をする上での強みにつながるケースもあるのです。

19
質問をされた際には 「人柄が伝わる」特技を答えることをおすすめします。 しかし、 「仕事にはつながらなさそうだけど、この分野にはすごく詳しい」と思うものもあれば、ぜひ「趣味・特技」の欄に書きましょう。

就活で役立つ面白い特技の例一覧15選!履歴書の書き方や例文や見つけ方も

料理が得意な場合も、「節約レシピが得意です。

5
また、競馬や競輪などのギャンブルも、イメージがダウンしてしまうため避けましょう。 」と書くと、どのように暗算が得意なのかを具体的に伝えることができます。

履歴書の趣味・特技ってどう書けばいい?例文や見つけ方| type転職エージェント

また、記載内容だけでなく記入欄にバランス良く配置できる文字量を意識して記載してください。

1:ハイレベルなことを言おうとしない 「特技」といっても、 入賞経験があるなど ハイレベルなことを言う必要はありません。