退職後に失業保険をもらうための必要書類を解説!身分証明書がない場合はどうする?チェックリストも紹介!

(つまり、2020年10月1日以降に自己都合で退職された方は、1ヶ月早く失業手当が受給できるようになります。 また、退職後に行うべきこともたくさんあります。

13
マイナンバーカード マイナンバーカードがない場合は以下<1>と<2> <1>マイナンバーが確認できる書類(どれか1つ) 通知カード、個人番号の記載がある住民票 <2>身元確認書類(以下(1)がない場合は(2)) (1)運転免許証、官公署が発行した身分証明書・写真付き資格証明書等のうち1種類 (2)公的医療保険の被保険者証、年金手帳などのうち異なる2種類(コピー不可)• ・自己都合による離職の場合 自己都合による離職は、「正当な理由がない場合(一般離職者)」と「正当な理由がある場合(特定理由離職者)」にわかれます。

退職後に失業保険をもらうための必要書類を解説!身分証明書がない場合はどうする?チェックリストも紹介!

失業の認定 受給資格決定から約3週間後が、一回目の失業認定日となります。 どちらもない場合は、事前に市区町村の役場で再発行してください、。

(コピー不可) ア国民健康保険被保険者証又は健康保険被保険者証 イ住民票記載事項証明書(住民票の写しまたは印鑑証明書) ウ児童扶養手当証書など 4.印鑑(認印可、スタンプ印不可) 5.写真2枚(最近の写真、正面上半身、タテ3. 指定されていた日に管轄のハローワークに行き、失業認定申請書に求職活動の実績等を記入、雇用保険受給資格者証とともに提出してください。 また、 失業手当がもらえる期間=「所定給付日数」は、離職理由や年齢、被保険者だった期間などによって決まります。

失業保険を受給するための必要書類やハローワークに持っていくもの

マイナンバーの申請についてはこちらを参考ください。 この説明会で雇用保険について説明を受ける他、「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」を受け取ります。

18
書類以外で必要なものは身分証明書や証明写真、本人名義の通帳やキャッシューカード、印鑑等が該当する。

失業手当(失業保険)の受給要件・受給額はいくらか・受給期間・申請方法などをわかりやすく解説します

fab-caret-square-o-right::before,. 申告書の記入方法は後で解説しますので参考にしてください。

10
必要な書類・申請の流れ・注意点を解説! - ズボラでもすてき空間は作れる. いつでも仕事ができる状態なのに失業状態にある• 離職票がまだ届かない!という人は、こちらの記事も参考にしてみてください。 失業認定日ではなく、転職先の就業日の前日に最後の失業認定申請をしましょう。

失業手当を再受給するときにハローワークに持参する書類を確認

印鑑 求職の申込など当日に記入してもらう書類があるため、本人確認として押印が必要になります。 ただし、本人の病気やケガ、妊娠、出産・育児、親族等の看護・介護等のために退職後引き続き30日以上職業に就くことができない場合、受給期間を延長(最大3年間)することができます。

16
児童扶養手当証書• 準備・手続きの期間は まず手続きに必要な書類を準備します。

失業手当(失業保険)の受給要件・受給額はいくらか・受給期間・申請方法などをわかりやすく解説します

2.失業の状態にあること。

4
大学・大学院への進学や海外留学のため• これらのポイントと雇用保険の手続きをご紹介します。

失業手当に必要な手続きは?7つのアイテムと失業手当の流れ

このとき、次回ハローワークへ出所しなければいけない日 「失業手当受給説明会」の日時の案内がありますので、忘れず確認するようにしてください。 マイナンバーの番号を証明するもの 以下のいずれか ・マイナンバーカード ・通知カード ・番号の記載のある住民票(住民票記載事項証明書)• 病気やケガ、妊娠、出産、育児などで、就職する意思はあってもすぐに働ける状態にない場合は失業手当を受給できません。 この際、不備があると発行まで1か月以上時間がかかってしまいますので 記入漏れや押印漏れがないか最後に確認しましょう。

15
・積極的に就職しようとする意思があること。

雇用保険受給の手続きに必要な書類について|大阪労働局

人員整理を目的とする早期退職制度に従業員が応募• また、受給期間に加えることができる期間は、最大1年間です。

5 万円程度(離職時の年齢が60歳以上65歳未満の方は月額13. 本人確認書類 準備段階で重要になるのが、顔写真つきの書類であるということです。

失業保険に必要な持ち物7点!離職票・雇用保険被保険者証・印鑑などを持参する|失業保険ガイド|フクポン

) 面接が終わったら、今度は雇用保険給付課に、持参した書類(離職票など)を提出し、 「受給資格者のしおり」を受け取ります。 失業保険の給付日数 前述の 「受給資格の決定」においては、受給資格の有無のほか、 1日あたりの失業保険の給付金額(以下「基本手当日額」)や給付期間、給付日数(以下「所定給付日数」)を判定します。

20
Q 7 会社から離職票が届きましたが、離職票に記載してある離職理由が実際の離職理由と違うのですが、どうしたらよいでしょうか Q 8 雇用保険(基本手当)は受給手続きをしてから、どのくらいで支給されるのでしょうか。 5cm)2枚• 失業認定申請=失業保険の支給申請ですので、失業保険は4週間(前の失業認定日から今回の失業認定日前日までの期間)ごとに申請し、ハローワークが「失業の認定」を行うと4週間ごとに受給することになります。