人気軽キャンパー「バロッコ」の中古相場&最高の1台を見つける方法

まずは、車検についてですが、大したことないです。 「バンコン」• 13バロッコのサスペンション&ブレーキチューニング! ハイゼットトラック(S500P)ベースの軽キャンパー「バロッコ」のお客様がいらっしゃいました。

16
電装系は、105Ahのサブバッテリーが1個と走行充電が標準装備される。

新型バロッコWEBカタログ / 株式会社フィールドライフ

シェルはFRP製で高断熱・高強度の「ハイドロバックパネル」と名付けられたパネルで構成されており、高い耐候性を持つジェルコーティングにより、長期間色褪せることが無いと謳われている。

19
リアボックス用ステー(48,600円)• 参考までに、フィールドライフで販売されている バロッコの新車価格をご紹介しましょう。 アクリル窓追加(54,000円)• またブレーキの効きの弱さを改善するために、ならびにを装着致しました。

軽キャンピングカー【バロッコ】我が家の最終オプション

快適に寝るなら1人まででしょう。 カラーはライトローズ・オレンジ・ブルー・カーキ・ブラック・ミントの6種類から選択可能。 また良くあるご質問ですが、より耐水圧が高い生地を使うことは簡単ですが、当然表面のコーティングが厚くなりますので重たく、ゴワゴワして扱い難い生地になります。

吸排気切り替えで6段階に調節できる。 メタリック塗装(ハイドロパネル除く)• オーニングテントルーム(サイドオーニング選択時のみ)(129,600円)• リア19インチTVセット(「インバーター400W」選択時のみ)(126,360円)• ボディカラーは8色から選べる。

軽キャンパー バロッコご納車

壁用12V給排気ベンチレーター(48,600円)• -ファン 換気扇 が取付ができないので空気循環ができない。 強力ショックアブソーバー• 金額は高いですが、冬の車中泊では必須アイテムですね。

出入り口のステップ。 ナンバーが着いたと言う事は乗れる! そうです、 試乗が可能なんです。

バロッコ快適化計画①

最高出力:53ps• 耐水圧1000㎜とは普通の雨では浸水しないというレベルで実用上十分と考えます。 待っている間、想像が膨らんで色々検討していく間に オプションも増えていったりしました。 純正スプリングはバネレートが約3Kg/mmですが、キットのスプリングは7Kg/mmを使用しています。

20
冷蔵庫は14Lのポータブル冷蔵庫が標準装備され、設置スペースも確保されているが、展示車はその場所にオプションのポータブルクーラーが置かれていた。

新型バロッコWEBカタログ / 株式会社フィールドライフ

3:強化ショックアブソーバー つけてない状態で乗ったことがないので、 なんとも言えませんが、取り付けた状態でも、 後ろに乗っている嫁ちゃん曰く、 かなり揺れを感じるらしいので、あった方が良さそうです。 それではさっそく内装を見てみましょう。 重量のある給排水タンクの処理も外からできシート下は長尺物も収納できます。

16
ポップアップルーフとフロアベッドで2名がゆったり就寝でき、ギャレーや冷蔵庫も標準装備している、二人での長期旅に対応できる軽キャンパーだ。

キャンピングカー【バロッコ:フィールドライフ】レビュー

「セミフルコン」• また、ダイネットと後部のアクリル窓には網戸と遮光シェードが組み込まれている。 10:サイクルキャリア サイクルキャリアとしての使用頻度は低いですが、 荷物が多い時は、トランクを載せて運んでいますので、 取り付けておいて良かったと思っています。 アクリル2重窓はガラス製の窓よりも断熱性が高く、結露がつきにくいのが特徴です。

15
エクステリアは、ダイハツ ハイゼットトラックにFRPシェルを架装している。

ハイゼットのキャンピングカー内装や値段【軽キャンパー】バロッコ

ギャレーコンソールがあるので、ダイネットベッドの方が多少狭い。 メーカーの営業マンいわく、ベッドマットの板が他車種にくらべて軽くて持ち上げやすい、とのこと。

3
Balocco -バロッコ- 高強度・高断熱ハイドロバックパネルで作られた軽キャブコンバージョン 「バロッコ」のリチウムイオンバッテリー試験搭載車を展示致します。