二年生 (にねんせい)とは【ピクシブ百科事典】

「蝶の檻」 沙耶さん• そんなの許せないぜ!ってかたは全力で脱出してくださいな。

9
(まつちよ よろず) 実技担当• 拍手 もしもシリーズ。

二年生 (にねんせい)とは【ピクシブ百科事典】

例えば、藤内」 藤「はいいぃっ(こっちに話を振らないでくださいぃ!)ええと、少し目の下の紅が強いかと・・・」 綾「先輩の隈、みたいです。 善法寺伊作が用具委員長ならば 伊作「あ、喜三太。

18
1 土井半助、きり丸 2 潮江文次郎、食満留三郎 3 土井半助、庄左ヱ門 4 庄左ヱ門、団蔵 5 庄左ヱ門、鉢屋三郎 6 食満留三郎、稗田八方斎 7 竹谷八左ヱ門、久々知兵助 8 久々知兵助、竹谷八左ヱ門 9 一年は組、一年い組 10 善法寺伊作、立花仙蔵 11 戸部新左ヱ門、金吾 12 乱太郎&川西左近&保健委員会、雑渡昆奈門 13 乱太郎、きり丸、しんべヱ、土井半助 14 照星、福冨屋、虎若 15 作法委員会 16 五年生、山田利吉 17 潮江文次郎、立花仙蔵 18 庄左ヱ門 19 乱太郎&猪名寺家の人びと 20 不破雷蔵、鉢屋三郎、乱太郎 21 三反田数馬&保健委員会 22 土井半助、山田伝蔵 23 火薬委員会 24 喜三太、錫高野与四郎 25 二年生、五年生 26 土井半助、一年は組 27 伊賀崎孫兵&生物委員会 28 善法寺伊作&六年生、ドクタケ忍者、兵庫水軍 29 保健委員会、雑渡昆奈門、諸泉尊奈門 30 不破雷蔵&五年生 31 きり丸、土井半助、山田利吉 32 田村三木ヱ門、潮江文次郎 33 乱太郎、きり丸 34 一年は組、い組、土井半助、安藤夏之丞 35 善法寺伊作、食満留三郎 36 兵太夫、三治郎 37 保健委員会 38 川西左近 池田三郎次 39 五年生 40 山田伝蔵、土井半助 41 山田利吉、土井半助 42 山田伝蔵、山田利吉、土井半助 43 保健委員会、会計委員会 44 三治郎、竹谷八左ヱ門、不破雷蔵、鉢屋三郎 45 新野洋一、保健委員会 46 新野洋一、善法寺伊作&六年生 47 福冨屋、食満留三郎 48 善法寺伊作 49 庄左ヱ門、伊助 50 生物委員会 51 平滝夜叉丸、田村三木ヱ門、不破雷蔵、鉢屋三郎 52 伏木蔵、善法寺伊作、雑渡昆奈門、山本陣内 53 庄左ヱ門、団蔵 54 各委員会&くノ一教室 55 綾部喜八郎、立花仙蔵 56 庄左ヱ門、伊助&一年は組 57 図書委員会 58 三年生 59 大川平次渦正、鉢屋三郎、尾浜勘右衛門 60 食満留三郎、善法寺伊作 61 木下鉄丸、竹谷八左ヱ門 62 食満留三郎、富松作兵衛 63 潮江文次郎、安藤夏之丞 64 庄左ヱ門、乱太郎、団蔵、金吾、兵太夫 65 新野洋一、食満留三郎、潮江文次郎、厚着太逸、野村雄三、大木雅之助 66 善法寺伊作、川西左近、食満留三郎 67 山本陣内、雑渡昆奈門、伏木蔵 68 食満留三郎、平太 69 土井半助、きり丸、山田利吉 70 清八、団蔵 71 土井半助 72 土井半助 73 土井半助 74 土井半助 75 土井半助 76 土井半助 77 福富屋 78 一年は組 79 六年生 80 土井半助 福富屋 81 山田利吉 山田伝蔵 82 善法寺伊作 久々知兵助 83 福富カメ子 中在家長次 84 潮江文次郎 食満留三郎 85 金吾 喜三太 団蔵 兵太夫 86 山田伝蔵 新野洋一 87 乱太郎 きり丸 88 山田利吉 北石照代 89 食満留三郎 富松作兵衛 90 山田伝蔵 山田利吉 小松田秀作 達魔鬼 稗田八方斎 91 兵太夫 団蔵 92 竹谷八左ヱ門 鉢屋三郎 不破雷蔵 93 庄左ヱ門 庄二郎 94 土井半助 石川五十衛門 95 食堂のおばちゃん 山田伝蔵 土井半助 事務のおばちゃん 96 不破雷蔵 松千代万 97 善法寺伊作 新野洋一 川西左近 雑渡昆奈門 諸泉尊奈門 高坂陣内左衛門 98 平滝夜叉丸 99 久々知兵助 土井半助 100 食満留三郎 101 食満留三郎 潮江文次郎 102 竹谷八左ヱ門 伊賀崎孫兵 103 食満留三郎 善法寺伊作 雑渡昆奈門 104 庄左ヱ門 伊助 鉢屋三郎 不破雷蔵 尾浜勘右衛門 クエン・カステーラ 福富屋 105 中在家長次 福富カメ子 クエン・カステーラ 106 中在家長次 きり丸 107 雑渡昆奈門 新野洋一 諸泉尊奈門 108 浦風藤内 三反田数馬 竹谷八左ヱ門 尾浜勘右衛門 不破雷蔵 鉢屋三郎 久々知兵助 109 金吾 いぶ鬼 110 土井半助 きり丸 111 善法寺伊作 食満留三郎 尾浜勘右衛門 鉢屋三郎 112 網問 113 不破雷蔵 鉢屋三郎 114 土井半助 きり丸 山田伝蔵 115 雑渡昆奈門 116 中在家長次 食満留三郎 117 土井半助 諸泉尊奈門 118 浜守一郎 斉藤タカ丸 食満留三郎 119 久々知兵助 土井半助 120 食満留三郎 富松作兵衛 善法寺伊作 121 大川平次渦正 雑渡昆奈門 善法寺伊作 122 団蔵 庄左ヱ門 123 田村三木ヱ門 潮江文次郎 124 三治郎 彦四郎 125 山田利吉 土井半助 126 竹谷八左ヱ門 川西左近 127 庄左ヱ門 きり丸 128 鉢屋三郎 尾浜勘右衛門 土井半助 山田伝蔵 木下鉄丸 雑渡昆奈門 庄左ヱ門 129 一年は組 六年生 五年生 130 山田利吉 土井半助 131 食満留三郎 立花仙蔵 しんべヱ 喜三太 132 各委員会&くノ一教室 133 一年は組 六年生 五年生 134 潮江文次郎 立花仙蔵 善法寺伊作 135 土井半助 きり丸 136 土井半助 善法寺伊作 137 七松小平太 中在家長次 138 竹谷八左ヱ門 一平 139 潮江文次郎 立花仙蔵 善法寺伊作 食満留三郎 七松小平太 中在家長次 新野洋一 140 浜守一郎 竹谷八左ヱ門 141 富松作兵衛 142 竹谷八左ヱ門 不破雷蔵 久々知兵助 尾浜勘右衛門 鉢屋三郎 木下鉄丸 山田伝蔵 雑渡昆奈門 143 雑渡昆奈門 椎良勘介 反屋壮太 五条弾 144 各委員会 大川平次渦正 145 池田三郎次 川西左近 146 吉野作造 小松田秀作 ドクタケ忍者 147 山田利吉 土井半助 148 土井半助 きり丸 食満留三郎 善法寺伊作 149 生物委員一年生 用具委員一年生 作法委員一年生 食満留三郎 鉢屋三郎 150 次屋三之助 富松作兵衛 神崎左門 151 浜守一郎 竹谷八左エ門 七松小平太 152 虎若 田村三木ヱ門 竹谷八左エ門 153 錫高野与四郎 皆本武衛 154 大木雅之助 山田利吉 野村雄三 155 田村三木ヱ門 潮江文次郎 会計委員会 156 高坂陣内左衛門 川西左近 157 彦四郎 庄左ヱ門 尾浜勘右衛門 158 田村三木ヱ門 日向墨男 三反田数馬 時友四郎兵衛 伏木蔵 159 七松小平太 金吾 稗田八方斎 タライ・マワ師 160 舳丸 兵庫水軍 161 鉢屋三郎 尾浜勘右衛門 不破雷蔵 竹谷八左エ門 久々知兵助 庄左ヱ門 162 善法寺伊作 食満留三郎 潮江文次郎 163 しんべヱ おシゲ 164 七松小平太 食満留三郎 立花仙蔵 中在家長次 潮江文次郎 善法寺伊作 165 義丸 鬼蜘蛛丸 166 尾浜勘右衛門 鉢屋三郎 潮江文次郎 167 浜守一郎 花房牧之介 168 富松作兵衛 食満留三郎 喜三太 しんべヱ 平太 169 伊助 庄左ヱ門 170 竹谷八左ヱ門 三治郎 虎若 一平 孫次郎 171 山田利吉 土井半助 172 久々知兵助 竹谷八左エ門 伊助 173 団蔵 加藤飛蔵 清八 174 土井半助 きり丸 175 善法寺伊作 食満留三郎 雑渡昆奈門 176 木下鉄丸 尾浜勘右衛門 177 錫高野与四郎 食満留三郎 善法寺伊作 178 久々知兵助 尾浜勘右衛門 竹谷八左ヱ門 179 立花仙蔵 しんべヱ 喜三太 180 三年生 四年生 181 土井半助 きり丸 山田伝蔵 山田利吉 182 竹谷八左ヱ門 久々知兵助 尾浜勘右衛門 鉢屋三郎 不破雷蔵 183 潮江文次郎 立花仙蔵 七松小平太 中在家長次 食満留三郎 善法寺伊作 184 雑渡昆奈門 新野洋一 潮江文次郎 185 土井半助 きり丸 乱太郎 186 善法寺伊作 食満留三郎 187 山田伝蔵 新野洋一 188 土井半助 山田利吉 189 尾浜勘右衛門 久々知平助 竹谷八左ヱ門 鉢屋三郎 不破雷蔵 190 食満留三郎 平太 191 潮江文次郎 立花仙蔵 七松小平太 中在家長次 食満留三郎 善法寺伊作 192 竹谷八左ヱ門 久々知兵助 193 くノ一教室 194 食満留三郎 善法寺伊作 195 久々知兵助 尾浜勘右衛門 竹谷八左ヱ門 196 トモミ きり丸 197 山田利吉 土井半助 石川五十ヱ門 198 久々知兵助 竹谷八左ヱ門 199 オリキャラ 間切 網問 五年生 200 尾浜勘右衛門 鉢屋三郎 庄左ヱ門 彦四郎 201 食満留三郎 202 善法寺伊作 山田伝蔵 大川平次渦正 203 間切 網問 204 花房牧之介 ユキ トモミ おシゲ 乱太郎 きり丸 しんべヱ 205 久々知兵助 斉藤タカ丸 池田三郎次 伊助 206 鉢屋三郎 不破雷蔵 207 食満留三郎 善法寺伊作 中在家長次 乱太郎 きり丸 しんべヱ 208 照星 虎若 田村三木ヱ門 209 不破雷蔵 鉢屋三郎 竹谷八左ヱ門 久々知兵助 尾浜勘右衛門 土井半助 210 善法寺伊作 潮江文次郎 211 綾部喜八郎 斉藤タカ丸 平滝夜叉丸 田村三木ヱ門 浜守一郎 212 食満留三郎 錫高野与四郎 しぶ鬼 213 金吾 214 久々知兵助 伊助 215 善法寺伊作 食満留三郎 新野洋一 216 久々知兵助 山本シナ 217 浜守一郎 山田利吉 218 土井半助 きり丸 219 生物委員会 ドクタケ忍者. 食満留三郎が保健委員だったら 乱「留三郎せんぱ~い!」 留「お?どうした、乱太郎。 七松小平太が図書委員長だったら 雷「今日はこの棚の整理をしようか?」 きり久怪「はーい!」 小「いっけ、いっけどんどーん!」 雷「・・・七松先輩、図書室ではお静かに。

忍たま小説index

」 長「・・・三之助はこっちを手伝ってくれ。 」 仙「左門。 注意! 忍たま6年生の委員会を取り換えっこしました。

3
「きくるの森」 椎名憂希さん• やっぱり不運 何があろうと不運 不運じゃなければ伊作じゃないよね。 アニメでの私服は羽丹羽石人が短い袴で残りの4人は長袴 恐らく忍術学園で一番まともな学年。

水軍さぁち

」 綾「・・・それ、」 文「俺がした死に化粧がどうした。 原作初期は仲が悪く等身も高かったが、今では等身も低く仲も昔ほど悪くはない。 」 綾「ひどすぎます。

1
ありがっ、いっ~~」 喜三太「わわ!ごめんなさい先輩!大丈夫ですかぁ!?」 伊作「ん、大丈夫・・・」 伊作「あ!しんべヱ!お菓子は後で!」 しんべえ「ええ~先輩。 中在家長次が体育委員だったら 滝「中在家先輩、今日の委員会は何をするのですか?」 長「・・・体育倉庫の整理と朝顔の観察」 金「あ、じゃあ体育倉庫の鍵取りに行きましょうか?」 長「…頼む。

〇#嗚呼忍たま乱禁具#〇

(ときとも しろべえ)• 三之助が迷子になったらみんなでお弁当持ってピクニックしながら探しに行くんだ。 」 左「防御は任せてくださいっ!」 仙「団蔵、佐吉。

2
okok!って方はお楽しみください。 全員が現実主義というか現実をよく見ており、地に脚がついている印象が強い。

〇#嗚呼忍たま乱禁具#〇

(のむら ゆうぞう) 関連イラスト. (かわにし さこん)• 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• そうですねえ・・・全体的に気持ち悪いです。

そこの釘を取ってくれる?」 喜三太「はにゃ?これですかぁ?」 伊作「うん。

忍たま☆トリップ☆ランキング

の生徒をバカにしつつも時に気に掛け手助けするため、ファンの間では学年とされる事もある。 」 伊作「ていうかそれは僕の・・・」 平太「ここはどうしたらいいですか?」 伊作「あ、それはあがっ!」 平太「ごめんなさい!先輩!」 伊作「・・・大丈夫だよ、平太・・・」 作兵衛「先輩、出血してますよ!早く保健室にっ、って、そっちはまだっ、」 伊作「うわあああああああぁぁぁ・・・」 作兵衛「蛸壷埋め終わってないです・・・」 結果 不運。 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん• 」 そこに浮かぶのは絶対零度の笑み。

立花先輩が会計委員長だったら? 仙「予算は、これ以上はやらん。 会計委員を従えてる。